現役AV監督プロデュース M-プレミアの口コミ・評判

店舗名 現役AV監督プロデュース M-プレミア
業種 デリヘル
ジャンル 素人・未経験/お姉さん・キレイ系/ロリ・妹系
最安値料金 45分 12000円−
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所
アクセス 福知山発 福知山・舞鶴・綾部・宮津//兵庫県丹波市・春日IC付近出張可能!!
営業時間 12:00−3:00
定休日 その他(定休日 当日キャスト不在の日)
引用元 https://fuzoku.jp/mpremiere/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、現役AV監督プロデュース M-プレミアさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般わりと何回も使わせてもらっているんですが、

不況のからか、風俗全般的に、最近では固定客を取る目的で、本番(基盤)出来る女の子が普通になっている気がします。

個人の印象で言えば、60%位の可能性で本番出来るという感じ。

さらには、ゴム蟻は当たり前として、ナマで挿入OKの女の子もとても増えた感じです。これも不況の影響なんだと思います。。。

ナマで挿入OKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、当然NNは少数派。ぼく、個人としては、ここ半年位、殆どNSです。

かわいい子とお金を掛けずにSEXする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

よりお金を掛けずに
100%本番(基盤)することが可能な

かわいい子に会いたいって思いません?

だって、いくらネット上の口コミで「本番出来る」って噂されている女の子でも、

実際には、一回プレイしてみないと、ホントかウソかは判明しませんよね。

そうなってくると、風俗で本番出来ちゃう女の子を、探しだすなんかよりも、出会い系などを利用した方が、「確実&安上がり」とぼくは思うようになってきました。

▼▼▼

普通の女の子とセックス三昧

ぼくはワクワクメールをメインに使っているんですが、コスト1〜2万円位で、町中をぶらぶらしている様な「普通の女の子」とセックス出来ちゃうんです。

この前はモデル系のフリーター(21才)と会ってきたんですが、

一緒に食事をしてからホテル行って「ゴムなし」で朝までセックス三昧。

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗と比較して良くないです?

プロの嬢よりも、普通の女の子とのセックスした方が断然興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

最近出会い系を利用していて気づくのは「もの凄くかわいい女の子が多くなってきたなぁ〜」という事。

不況のせいで、

「風俗でバイトしたくないでも、おこづかいはほしい」

って18〜23才位の女の子がメチャメチャいるんですよ。

援交っていうと印象がよくないですが、

ごはん奢ってからセックスする
セックスして帰るときにタクシー代(=おこづかい)出す

って恋人にも似たようなことするわけで、別に普通のことですよね。

というのに、出会い系を使っている人って、タダマンをあてにしてお金を渋る人が多いみたいですが、

最初の頃はお金をかけた方がスマートだと感じます。

何度か食事行ったりして親密になってくれば、自ずと「タダマン→セフレ」に変わっていきますんでご安心を。

とにかく紳士的に

今まで、食事行ったりしてきた、女の子に聞いてみると、

出会い系に登録している男性って「お小遣い支払うから生でさせろ」等、対面する前のメッセージ=コミュニケーションの段階から、そのような様子の人が殆どだそうです。

なので、ぜひとも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてあげてみると良いですよ。

そうすることで驚くほど会えるんでw

「出会い系なんてサクラばかり」ってネット上で書き込みしてる人って、最初のコストをケチり過ぎなんだと思いますね。

出費なくセックス出来るようになるのは、最初の壁を超えて、安心感を与えることが出来る男性だけだと言えます。

また「写メ送れ」って男性も多いようです。

勿論送ってくれる女の子ならば良いのですが、写メは駄目って女の子いっぱいいます。

そういった時は、ともかく1度会ってみることをオススメします。

で、今一つ好みの女の子でない場合は、誠意を持ってお断りすれば良いだけだし、

断りずらいのであれば、まずは「軽くお茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰宅すれば、ぜんぜん差し支えありませんよ。

勿論ぼくはそうしてます。

▼▼▼