魅惑の人妻亭の口コミ・評判

店舗名 魅惑の人妻亭
業種 デリヘル
ジャンル 人妻/巨乳・爆乳/お姉さん・キレイ系
最安値料金 80分 9000円−
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 舞鶴発 詳細につきましてはお問い合わせ下さい
営業時間 10:00−4:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/miwakuhitoduma/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、魅惑の人妻亭さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」です。

僕は風俗全般わりと繰り返し利用させて貰っているのですが、

景気が悪いためか、風俗全般的に、近年はリピーターをゲットする目的で、本番(基盤)可能な女性が多くなってきたように思います。

僕、個人の印象で言えば、60-70%位の可能性で本番(基盤)OKという感じ。

また、ゴム蟻だけじゃなく、ナマで挿入OKって女性も凄く多くなった感じがします。これも不況の影響なのかなって感じます。。。

ナマで挿入OKって場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、やはりNNは少数派。僕、個人としては、ここ1年位、ほぼ全部NSばかり。

カワイイ子と低コストでSEXするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より低コストで
絶対に本番(基盤)出来る

カワイイ子に出会いたいって思いません?

だって、いくらネット上のクチコミで「本番(基盤)OK」って噂されている女性でも、

実際のところ、一回プレイしてみないと、本番することが出来ちゃうのかは分かりませんからね。

そうなると、風俗で本番出来る女性を、探し当てるなんかよりも、出会い系などを利用したほうが、「確実&安上がり」と僕は思うようになってきました。

▼▼▼

普通の女の子とセックス三昧

僕はワクワクメールをメインとして利用しているんですが、計1〜2万円程で、その辺でお茶しているような「普通の女の子」とセックス出来ちゃうんです。

この間はロリ系の歯科衛生士(19才)と会ってきたんですが、

最初にご飯食べてからホテルへ行き「」で朝までセックス三昧。

支払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗と比べてお得感ありません?

すれた風俗嬢よりも、普通の女の子とのセックスの方がめちゃくちゃ興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

近頃出会い系を活用していて気がつくのは「ほんとカワイイ女の子が増えたなぁ〜」というような事。

景気が悪いせいで、

「風俗ではバイトしたくないけど、おこづかいは欲しい」

って18〜23才程の女の子が無茶苦茶増えてます。

援交っていうと印象がよくないですが、

ご飯おごってからセックスする
セックスして帰る時にタクシー代(=おこづかい)出す

って恋人にすら似たようなことするわけで、いたって当然のことですよね。

にも関わらず、出会い系を利用している人って、タダマンをあてにしてお金をけちる人が多いみたいですが、

最初はお金を使ったほうが良いんじゃないかと思います。

何度か食事行ったりして親しくなってくると、自然と「タダマン→セフレ」になって行きますんでご安心を。

特に紳士的に

過去に、食事行ったりしてきた、女の子に話をきいてみると、

出会い系に登録している男の人って「お小遣い支払うから中出しさせろ」のように、対面する前のメールなど=交渉の段階から、そういったような感じの人ばかりだそうです。

なので、多少無理してでも紳士的に振る舞って、女の子を安心感を与えてみると良いですよ。

そうすると想像以上に会えるんでw

「出会い系はサクラばかり」ってネット上で書き込んでいる人って、最初のコストを出し惜しみ過ぎなんだと思いますね。

出費なくセックス出来るようになるのは、最初のハードルを乗り越えて、安心感を与えることが出来る男の人だけだと言えます。

また「写メ送れ」って男の人も多いと聞きます。

もちろん見せてくれる女の子の場合は問題ないのですが、写メは不可って女の子たくさんいます。

そういったケースの時は、取り敢えず1度会ってみたらいいと思います。

で、いまひとつタイプの女の子じゃなければ、誠意を持って断ればいいだけですし、

断りにくいのであれば、ひとまず「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」って感じにして、帰ってしまえば、全然差し支えありませんよ。

もちろん僕はそういう風にしてます。

▼▼▼