ミセスフェアリー京都舞鶴の口コミ・評判

店舗名 ミセスフェアリー京都舞鶴
業種 デリヘル
ジャンル お姉さん・キレイ系/人妻/OL・秘書
最安値料金 70分 10000円−
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 舞鶴発 【派遣エリア】 舞鶴・福知山・綾部・宮津・京丹後・亀岡・丹波etc.京都北部全域 小浜・高浜etc.福井県一部地域 その他の地域はお問い合わせください。
営業時間 10:00−LAST
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/mrsmaidu/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、ミセスフェアリー京都舞鶴さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般比較的ちょいちょい使わせてもらっているのですが、

不景気のせいなのか、風俗全般的に、近頃では常連客を作るために、本番(基盤)女性が増えてきた感じがします。

僕、個人的な印象で言うと、70%位の可能性で本番行為OKって感じ。

その上、ゴム蟻以外に、ナマ挿入可って女性もすごく増えてきた気がします。これも不景気の影響なんでしょうね。。。

ナマ挿入可って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、当然のことながらNNは少数派。ぼく、個人的には、ここ半年位、ほぼ全てNSばっかり。

かわいい子と安く本番するために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと安く
絶対本番(基盤)することが可能な

かわいい子に会いたいって思いませんか?

だって、どれだけインターネットの書きこみで「本番行為OK」って噂されている女性でも、

実際のところ、一回プレイしてみないと、本番出来るのかははっきりしていません。。。

となると、風俗で本番することが可能な女性を、あれこれ探すなんかより、出会い系等を使った方が、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

擦れてない女性とセックス三昧

ぼくはワクワクメールを主として活用しているんですが、計1〜2万円くらいで、町中をぶらぶらしているような「普通の女の子」とセックスできちゃうんです。

ちょっと前にモデル系の歯科衛生士(20才)と会ってきたんですが、

軽くご飯食べてからホテル行って「ゴムなし」で朝までセックスさせてくれました。

払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗より良くないです?

すれた嬢よりも、擦れてない女性とのセックスのほうがめちゃくちゃ興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかより安い

近頃出会い系を利用しながら感じるのは「ほんとかわいい女性が増えてきたなぁ〜」というような点。

不景気のせいで、

「風俗はいやだけど、お小遣いはほしい」

って18〜23才くらいの女性がメチャクチャいるんです。

援交というと印象がよくありませんが、

食事代を奢ってからセックスする
セックスして帰る時にタクシー代(=お小遣い)出す

って恋人でもよく似たことするわけで、いたって当然ですよね。

なのに、出会い系を活用している人って、タダマンを期待してお金を渋る人が多いですが、

初めて会った時とかはお金を掛けた方が良いように感じます。

何度かSEXして親しくなってくれば、知らないうちに「タダマン→セフレ」に変わって行きますんでご安心を。

とにかく紳士的に

これまで、SEXしてきた、女性に聞くと、

出会い系に登録している男の人って「お金を払うから生でさせろ」のように、対面する直前のメッセージ=やりとりの段階から、そういったような感じの人ばかりとのことです。

なので、是非とも紳士的に振る舞って、女性を安心させてみると良いですよ。

このやり方なら恐ろしいほど会えるんでw

「出会い系はサクラばかり」ってインターネットで書き込んでいる人って、最初の費用を渋り過ぎです。

タダでセックスできるようになるのは、一番初めのハードルを超えて、安心感を与えられる男の人だけだと言えます。

また「写メ見せて」って男の人も多いみたいです。

勿論送ってくれる女性ならば良いのですが、写メはダメって女性相当いるのです。

そんな時は、取りあえず1度会ってみた方がいいです。

で、あまりタイプの女性でなければ、ちゃんとお断りすれば問題ないし、

断りずらい時は、ひとまず「今日は軽くお茶だけにしましょうか」ってな感じにして、帰っちゃえば、全然問題ありませんよ。

勿論ぼくはそうやってます。

▼▼▼