バナナの秘密バナナスクールの口コミ・評判

店舗名 バナナの秘密バナナスクール
業種 ヘルス
ジャンル 素人・未経験/お姉さん・キレイ系/ロリ・妹系
最安値料金 15分 3000円−
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所 京都府京都市下京区西石垣通四条下ル斉藤町127
アクセス 京阪電鉄四条駅から徒歩3分 京阪電鉄「四条駅」徒歩3分 阪急電鉄「河原町駅」徒歩2分
営業時間 10:00−24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/banana01/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、バナナの秘密バナナスクールさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般わりと繰り返し利用させてもらっているのですが、

不景気のためか、風俗全般的に、最近ではお客を増やすことを目的に、本番(基盤)嬢が当たり前になってきた気がします。

僕の感覚で言うと、70%程の確率で本番できるという感じ。

更に、ゴム蟻は当然として、ナマで挿入可の嬢も相当多くなってきた気がします。これも不景気のあおりなんだと思います。。。

ナマで挿入可の場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、やっぱりNNは少数派。ぼく、個人的には、ここ1年程、ほぼ全部NSばっかり。

かわいい子とお金を掛けずにエッチする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

よりお金を掛けずに
絶対に本番(基盤)することができる

かわいい子を見つけたいって思いませんか?

だって、例えインターネットの体験談で「本番できる」って言われている嬢でも、

実際のところ、一度指名してみないと、ホントかウソかは分かりませんよね。

そうなってくると、風俗で本番できる嬢を、探し出すよりも、出会い系等を使った方が、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

真面目な女の子とセックス三昧

ぼくはワクワクメールを主として使用しているんですが、コスト1〜2万円程で、その辺をぶらぶらしている様な「普通の女の子」とセックスできちゃうんです。

この前はモデル系の秘書(21才)と会ってきたんですが、

最初に食事をしてからホテル行って「ナマ」で朝までセックスさせてくれましたからね。

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗と比較してお得感ありません?

仕事として割り切っている嬢よりも、真面目な女の子とのセックスした方がめちゃくちゃ興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗よりも安い

最近出会い系を利用しながら気がつくのは「ほんとかわいい女の子が増えたなぁ〜」ってこと。

不景気のせいで、

「風俗はしたくないけど、お金はほしい」

って18〜23才程の女の子がむちゃくちゃ増えてます。

援交っていうとイメージが悪いですが、

ごはん奢ってからセックスする
セックスして帰りにタクシー代(=お金)出す

って彼女でも同じ様なことするわけで、別に当たり前ですよね。

なのに、出会い系を使用している人って、タダマンを当てにしてお金を渋る人がほとんどですが、

初めて会った時とかはお金を掛けた方が良いんじゃないかと思います。

2-3回セックスして親しくなって来れば、知らないうちに「タダマン→セフレ」となって行きますんでご安心を。

まずは紳士的に

今まで、セックスしてきた、女の子に聞いてみると、

出会い系にいる男って「金を支払うから生で挿れさせろ」など、顔を合わせる前のメールなど=やり取りの時から、そんな感じの人が殆どらしいです。

というわけで、是非とも紳士的に振る舞って、女の子を安心感を与えてみると良いですよ。

そうすれば恐ろしいほど会えるんでw

「出会い系では会えない」ってインターネットで書き込んでいる人って、初期費用をけちり過ぎです。

出費なくセックスできるようになるのは、最初の壁を越えて、安心感を与えられる男だけだと思っています。

また「写メ見せろ」って男も多いようです。

当然送ってくれる女の子だといいですが、写メはNGって女の子多数います。

そういった時は、何はともあれ一回会ってみることをおすすめします。

で、いまひとつタイプの女の子でなければ、ちゃんとお断りすればいいだけですし、

断りにくいのであれば、まずは「お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰っちゃえば、これっぽっちも差し支えありませんよ。

当然ぼくはそうしてます。

▼▼▼