リッチハウスの口コミ・評判

店舗名 リッチハウス
業種 ヘルス
ジャンル ギャル/お姉さん・キレイ系
最安値料金 30分 10000円−
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所 京都府京都市下京区西石垣通四条下る斉藤町140番地RICHビル
アクセス 阪急電車河原町駅から徒歩2分 阪急電車「河原町駅」から徒歩2分 京阪電車「祇園四条駅」から徒歩2分
営業時間 10:00−24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/richhi/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、リッチハウスさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ぼくは風俗全般割とちょいちょい利用させてもらっているんですが、

不景気のためなのか、風俗全般的に、ここ数年、お客さんを作る目的で、本番(基盤)可能な風俗嬢が増えてきたように感じます。

僕の感じで言うと、7割ぐらいの確率で本番することが可能という状態。

また、ゴム蟻は当然として、ナマで挿れさせてくれる風俗嬢もすごく多くなった感じです。これも不況の影響かもしれません。。。

ナマで挿れさせてくれる場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、やはりNNは少数派。ぼく、個人としては、ここ半年ぐらい、ほぼ全てNSばかり。

カワイイ子とお金を掛けずにエッチするには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

よりお金を掛けずに
100パーセント本番(基盤)可能な

カワイイ子に出会いたいって思いません?

だって、例えネット上の口コミで「本番することが可能」って噂されている風俗嬢でも、

正直なところ、一度でも遊んでみないと、本番させてくれるのかはハッキリしていませんからね。

となると、風俗で本番できる風俗嬢を、探すなんかより、出会い系とかを使った方が、「確実&安上がり」とぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

普通の女性とSEX三昧

ぼくはワクワクメールをメインとして利用しているんですが、計1〜2万円くらいで、町中で買い物しているような「普通の女の子」とSEX出来ちゃうんです。

この間はロリ系のセラピスト(19才)と会ってきたんですが、

まず最初に喫茶店でお茶してからホテル行って「」で朝までSEX三昧。

掛かったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗と比べてお得感ありません?

仕事として割り切っている嬢よりも、普通の女性とのSEXした方が間違いなく興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかより安い

最近出会い系を使いながら気づくのは「もの凄くカワイイ女性が多くなってきたなぁ〜」ってこと。

不景気のせいで、

「風俗はしたくないけど、お金は欲しい」

って18〜23才くらいの女性がビックリするほど増えてきています。

援交っていうと印象がよくありませんが、

ごはん代をおごってからSEXする
SEXして帰るときにタクシー代(=お金)渡す

って彼女にも似たようなことするわけで、いたって当然のことですよね。

にも関わらず、出会い系を利用している人って、タダマンを期待してお金を出し惜しむ人が多いのですが、

初対面のときはお金を掛けた方がスムーズだと思います。

何度かエッチして親しくなってきたら、自ずと「タダマン→セフレ」になって行くんでご安心を。

特に紳士的に

これまで、エッチしてきた、女性に話をきいてみると、

出会い系に登録している男って「金を支払うから生で挿れさせろ」のように、会う直前のメッセージ=コミュニケーションから、そういったような感じの人がほとんどとのことです。

ですので、多少無理してでも紳士的に振る舞って、女性を安心感を与えてみると良いですよ。

このやり方ならいくらでも会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってネット上で書き込みしてる人って、最初のコストをケチり過ぎなのに気づいてないですよね。

出費なくSEX出来るようになるのは、一番初めのハードルを越えて、安心感を与えられる男だけだと感じます。

また「写メ送れ」って男も多いみたいです。

勿論見せてくれる女性ならばいいんですが、写メはNGって女性いっぱいいます。

そんな時は、取り敢えず1度会ってみることをおすすめします。

で、それほどタイプの女性でなければ、キチンとお断りすれば問題ないですし、

断りずらいのであれば、まずは「今日は軽くお茶だけにしましょうか」みたいな感じにして、帰っちゃえば、何の問題はありませんよ。

勿論ぼくはそうしてます。

▼▼▼