クラブバレンタイン 京都店の口コミ・評判

店舗名 クラブバレンタイン 京都店
業種 デリヘル
ジャンル ギャル/素人・未経験
最安値料金 45分 12000円−
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所
アクセス 河原町発 京都府全域・滋賀一部・大阪一部・奈良一部出張・京都駅・南インター・祇園・亀岡・沓掛・東インター ※詳細はお問い合わせ下さい
営業時間 24時間
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/valenk/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、クラブバレンタイン 京都店さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ぼくは風俗全般比較的ちょいちょい利用させて貰っているのですが、

不景気のためなのか、風俗全般的に、最近ではお客さんをゲットする為に、本番(基盤)出来る嬢が普通になってきているように感じます。

僕、個人的な感覚だと、60-70%程の確率で本番させてくれるって感じ。

しかも、ゴム蟻は当たり前として、生挿入可って嬢もかなり増えたように思います。これも不況のあおりなのかなって感じます。。。

生挿入可って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、当然NNは少数派。ぼく、個人としては、ここ半年程、ほぼ全部NSばっかり。

カワイイ子と低コストで本番するために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より低コストで
確実に本番(基盤)させてくれる

カワイイ子を見つけたいって思いませんか?

だって、例えインターネット上の評判で「本番させてくれる」って言われている嬢でも、

実際のところ、一回でも遊んでみないと、本番できるのかは判明しませんよね。

そうなってくると、風俗で本番することが出来ちゃう嬢を、探しあてるより、出会い系等を利用したほうが、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになってきました。

▼▼▼

真面目な女の子とセックス三昧

ぼくはワクワクメールを主として使っているんですが、コスト1〜2万円くらいで、街中をぶらぶらしているような「普通の女の子」とセックス出来ちゃうんです。

この前はカワイイ系の秘書(21才)と会ってきたんですが、

一緒にカフェでお茶してからホテルで「ゴムなし」で朝までセックスさせてくれましたからね。

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗より良くありません?

プロの風俗嬢よりも、真面目な女の子とのセックスの方が間違いなく興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗より安い

最近出会い系を利用していて気がつくのは「もの凄くカワイイ女の子が増えたなぁ〜」ということ。

不景気のせいで、

「風俗で仕事したくないでも、お小遣いはほしい」

って18〜23才くらいの女の子が無茶苦茶いるんです。

援交っていうとイメージが良くないですが、

食事おごってからセックスする
セックスして帰るときにタクシー代(=お小遣い)出す

って彼女にすらよく似たことするわけで、別に普通の事ですよね。

なのに、出会い系を使っている人って、タダマンを期待してお金を出し惜しむ人が多いですが、

初めて会った時とかはお金を使ったほうがスマートだと思います。

何回か顔を合わして親しくなってきたら、おのずと「タダマン→セフレ」に変わっていくんでご安心を。

特に紳士的に

過去に、顔を合わしてきた、女の子に話を聞いてみると、

出会い系を利用している男性って「金を支払うから中出しさせろ」とか、対面する前のメッセージ=やりとりの段階で、そんな感じの人が多いらしいです。

なわけで、できるだけ紳士的に振る舞って、女の子を安心させてあげて下さい。

このようにすれば思っている以上に会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってインターネット上で書き込んでいる人って、最初のコストを出し惜しみ過ぎです。

お金かけずにセックスできるようになるのは、最初の壁を超えて、安心感を与えることが出来る男性だけだと思っています。

また「写メ送って」って男性も多いみたいです。

当然見せてくれる女の子ならOKなのですが、写メはダメって女の子多く見られます。

そんな時は、とにかく一度会ってみると良いですよ。

で、いまいち好みの女の子じゃなければ、しっかりとお断りすれば良いだけだし、

断りにくいのであれば、最初は「お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰れば、何の問題ないですよ。

当然ぼくはそういう風にしてます。

▼▼▼