Highquality五感エステLuxuryの口コミ・評判

店舗名 Highquality五感エステLuxury
業種 エステ
ジャンル 素人・未経験/お姉さん・キレイ系/M性感
最安値料金 70分 8000円−
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 祇園発 《出張エリア》京都市発、滋賀、大阪北部
営業時間 17:00−5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/luxurykyoto/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、Highquality五感エステLuxuryさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ぼくは風俗全般比較的ちょいちょい使わせてもらっているわけですが、

不景気のせいか、風俗全般的に、現在、リピーターを取る為に、本番(基盤)することが可能な嬢が普通になってきているように思います。

個人のイメージで言えば、60%程の確率で本番することが出来ちゃうってな感じ。

さらには、ゴム蟻の他に、生挿入可の嬢もすごく多くなってきたように思います。これもデフレの影響なんでしょうね。。。

生挿入可の場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、当然NNは少なめ。ぼく、個人的には、ここ1年程、ほとんどNSです。

カワイイ子と安くエッチするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと安く
100パーセント本番(基盤)出来ちゃう

カワイイ子を探したいって思いません?

だって、いくらネットの評判で「本番することが出来ちゃう」って言われている嬢でも、

実のところ、一度遊んでみないと、本番することが出来ちゃうのかは分かりません。。。

ってなると、風俗で本番させてくれる嬢を、探すよりは、出会い系等を使ったほうが、「確実&安上がり」とぼくは思うようになってきました。

▼▼▼

普通の女の子とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールをメインに使っているんですが、総額1〜2万円ぐらいで、街中でお茶しているような「普通の女の子」とエッチ出来ちゃうんです。

先日はカワイイ系のスポーツインストラクター(19才)と会ってきたんですが、

軽くご飯食べてからホテルへ行き「ナマ」で朝までエッチさせてくれました。

払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗より良くありません?

すれた風俗嬢よりも、普通の女の子とのエッチするほうが断然興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗よりは安い

近頃出会い系を活用していて感じるのは「めちゃくちゃカワイイ女の子が増えたなぁ〜」って事。

不景気のせいで、

「風俗でバイトしたくないけど、お金は欲しい」

って18〜23才ぐらいの女の子が驚くほど増えてます。

援交というと印象が良くありませんが、

ごはんごちそうしてからエッチする
エッチして帰るときにタクシー代(=お金)出す

って彼女にもよく似たことするわけで、別に当然ですよね。

それなのに、出会い系を使っている人って、タダマンをあてにしてお金を出し惜しむ人が多いですが、

初対面のときはお金を使ったほうがスムーズだと思います。

何度かエッチをして仲良くなってきたら、自然と「タダマン→セフレ」となって行きますんでご安心を。

とにかく紳士的に

過去に、エッチをしてきた、女の子に話をきくと、

出会い系に登録している男の人って「金を出すから生中で挿れさせろ」等、会う前のメールなど=コミュニケーションから、そういったような感じの人が殆どみたいです。

なわけで、ぜひ紳士的に振る舞って、女の子を安心させてあげてみると良いですよ。

そうすることで信じられないくらい会えるんでw

「出会い系なんて会えない」ってネットに書き込んでいる人って、初期経費をケチり過ぎなんだと思いますね。

お金掛けずにエッチできるようになるのは、最初の壁を乗り越えて、安心感を与えることが出来る男の人だけだと思っています。

また「写メ送れ」って男の人も多いと聞きます。

当然見せてくれる女の子ならいいですが、写メはNGって女の子多いです。

そのようなケースの時は、なにはともあれ一度会ってみることをお奨めします。

で、あまりタイプの女の子じゃない場合は、しっかりと断れば良いだけですし、

断りずらい場合、ひとまず「軽くお茶でも行きましょう」みたいな感じにして、帰れば、ぜんぜん差し支えありませんよ。

当然ぼくはそうやってます。

▼▼▼