clubCanx2南インター店の口コミ・評判

店舗名 clubCanx2南インター店
業種 ホテヘル
ジャンル ギャル/素人・未経験
最安値料金 60分 14500円−
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所 京都府京都市伏見区竹田西内畑町69番地
アクセス 近鉄・地下鉄竹田駅6番出口から車で4分 近鉄・地下鉄『竹田駅』6番出口
営業時間 9:00−4:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/clubcancan/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、clubCanx2南インター店さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ぼくは風俗全般割とちょいちょい利用させて貰っているわけですが、

不景気のためか、風俗全般的に、最近ではお客さんをゲットする為に、本番(基盤)させてくれる嬢が増えているように思います。

個人的な感覚で言うと、6割程の可能性で本番できるってな感じ。

その上、ゴム蟻の他に、生で挿入可の嬢も相当増えてきたような気がします。これも不況の影響なんだと思います。。。

生で挿入可の場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、当然NNは少数派。ぼく、個人的には、ここ1年程、ほとんどNSのみ。

カワイイ子と低コストでSEXするには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より低コストで
100%本番(基盤)することが可能な

カワイイ子に出会いたいって思いませんか?

だって、例えネット上のクチコミで「本番できる」って言われている嬢でも、

実のところ、一度でも指名してみないと、本番できるのかははっきりしていませんからね。

ってなると、風俗で本番させてくれる嬢を、探し回るなんかよりも、出会い系などを利用したほうが、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになりました。

▼▼▼

普通の女の子とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールを重点的に活用しているんですが、コスト1〜2万円くらいで、街中でお茶している様な「普通の女の子」とエッチ出来ちゃうんです。

この間はロリ系のナース(21才)と会ってきたんですが、

軽く喫茶店でお茶してからホテルで「ナマ」で朝までエッチ三昧。

払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗より良くありません?

仕事として割り切っている嬢よりも、普通の女の子とのエッチする方がめちゃくちゃ興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

最近出会い系を活用していて気づくのは「めちゃくちゃカワイイ女の子が多くなったなぁ〜」という点。

不景気のせいで、

「風俗は嫌だけど、お小遣いはほしい」

って18〜23才くらいの女の子がメチャメチャ増えてます。

援交というとイメージが悪いですが、

ごはんおごってからエッチする
エッチして帰るときにタクシー代(=お小遣い)渡す

って彼女にすら同じ様なことするわけで、別に当然のことですよね。

にも関わらず、出会い系を活用している人って、タダマンを期待してお金を出し惜しむ人が殆どですが、

初めて会った時とかはお金を使ったほうがスムーズだと思います。

何度か食事行ったりして仲良くなって来ると、自ずと「タダマン→セフレ」になっていくんでご安心を。

とにかく紳士的に

今まで、食事行ったりしてきた、女の子にきいてみると、

出会い系を使っている男性って「おこづかい出すからナマで挿れさせろ」等、顔を合わせる直前のメールなど=やり取りの段階で、そんな印象の人がほとんどみたいです。

という訳で、是非とも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてみると良いですよ。

そうすると思っている以上に会えるんでw

「出会い系はサクラばかり」ってネット上で書き込んでいる人って、初期経費を出し惜しみ過ぎです。

お金かけずにエッチ出来るようになるのは、最初のハードルを超えて、安心感を与えることが出来る男性だけだと感じます。

また「写メ見せて」って男性も多いようです。

普通に見せてくれる女の子だと問題ないのですが、写メは無理って女の子多く見られます。

そのような場合は、まずは一度会ってみることをお奨めします。

で、そこまで好みの女の子じゃない場合は、ちゃんとお断りすれば問題ないですし、

断りにくい場合、まずは「お茶でも行きましょう」って感じにして、帰れば、何の問題はありませんよ。

普通にぼくはその様にしてます。

▼▼▼