京都BOOKMARK(ブックマーク)の口コミ・評判

店舗名 京都BOOKMARK(ブックマーク)
業種 デリヘル
ジャンル 素人・未経験/巨乳・爆乳/学園系
最安値料金 60分 13000円−
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 祇園発 詳細につきましてはお問い合わせ下さい。
営業時間 10:00−5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/kyotobookmark/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、京都BOOKMARK(ブックマーク)さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

どうも、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ぼくは風俗全般わりと何度も使わせて貰っているわけですが、

景気が良くないためなのか、風俗全般的に、近頃、固定客をゲットする為に、本番(基盤)出来る風俗嬢が多くなってきたように思います。

僕、個人的な印象で言うと、60%位の確率で本番することが出来ちゃうって感じ。

更に、ゴム蟻は当然として、ナマで挿入OKの風俗嬢も結構多くなってきた気がします。これもデフレの影響なのかなって感じます。。。

ナマで挿入OKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、さすがにNNは少数派。ぼく、個人としては、ここ1年位、ほとんどNSのみ。

カワイイ子と安く本番するには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より安く
100パーセント本番(基盤)させてくれる

カワイイ子に会いたいって思いません?

だって、仮にインターネットの体験談で「本番することが出来ちゃう」って噂されている風俗嬢でも、

実のところ、一回でも指名してみないと、本番(基盤)OKなのかははっきりしていませんよね。

ってなると、風俗で本番させてくれる風俗嬢を、あれこれ探すよりは、出会い系とかを利用したほうが、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

真面目な女の子とセックス三昧

ぼくはワクワクメールをメインに利用しているんですが、総額1〜2万円位で、その辺でお茶しているような「普通の女の子」とセックス出来ちゃうんです。

先日は可愛い系のメイドカフェの店員(19才)と会ってきたんですが、

最初にご飯食べてからホテルへ行き「ナマ」で朝までセックス三昧。

支払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗より良くないです?

すれた嬢よりも、真面目な女の子とのセックスした方が断然興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗よりは安い

最近出会い系を使いながら気がつくのは「もの凄くカワイイ女の子が多くなってきたなぁ〜」って事。

景気が良くないせいで、

「風俗で仕事したくないでも、お金は欲しい」

って18〜23才位の女の子がメチャクチャ増えてきています。

援交というと印象が良くないですが、

ご飯代をおごってからセックスする
セックスして帰る時にタクシー代(=お金)出す

って彼女でも同じ様なことするわけで、いたって当たり前ですよね。

にも関わらず、出会い系を利用している人って、タダマンをあてにしてお金を出し惜しむ人が殆どですが、

初対面のときはお金を掛けたほうがスムーズだと感じます。

2-3回SEXして親密になって来れば、おのずと「タダマン→セフレ」となって行くんでご安心を。

まずは紳士的に

これまで、SEXしてきた、女の子にきいてみると、

出会い系を利用している男性って「金出すから生で挿れさせろ」とか、顔を合わせる直前のメールなど=やりとりから、そんな感じの人ばかりらしいです。

ですので、できるだけ紳士的に振る舞って、女の子を安心させてあげてみることをお薦めします。

そうすると信じられないくらい会えるんでw

「出会い系はサクラばかり」ってインターネットに書き込みしている人って、初期費用を出し惜しみ過ぎなのに気づいてないですよね。

お金かけずにセックス出来るようになるのは、一番初めの壁を越えて、安心感を与えられる男性だけだと思います。

また「写メ送って」って男性も多いみたいです。

勿論送ってくれる女の子であればいいんですが、写メは不可って女の子結構いるのです。

そんな場合は、とりあえず一回会ってみた方がいいです。

で、あんまり好みの女の子でない場合は、誠意を持ってお断りすれば問題ないし、

断りずらいのであれば、最初は「軽くお茶でも行きましょう」みたいな感じにして、帰っちゃえば、これっぽっちも差し支えありませんよ。

勿論ぼくはそのようにしてます。

▼▼▼