Summer College KYOTO (サマカレ京都)の口コミ・評判

店舗名 Summer College KYOTO (サマカレ京都)
業種 デリヘル
ジャンル 素人・未経験/アロマエステ/コスプレ・イメクラ
最安値料金 55分 13000円−
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 京都南インター発 詳細エリアはお問い合わせください
営業時間 10:00−6:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/summercollegekyoto/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、Summer College KYOTO (サマカレ京都)さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般割と何度も使わせてもらっているんですが、

不景気のためか、風俗全般的に、近年は常連をとる目的で、本番(基盤)できる風俗嬢が多くなってきている感じがします。

僕の印象で言うと、70%くらいの可能性で本番することが出来ちゃうという状態。

更に、ゴム蟻は当然として、ナマでも大丈夫って風俗嬢もすごく増えたような気がします。これも不景気のあおりなんだと思います。。。

ナマでも大丈夫って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、当然のことながらNNは少数派。ぼく、個人的には、ここ半年くらい、十中八九NSばっかり。

かわいい子とお金を掛けずに本番するために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

よりお金を掛けずに
100パーセント本番(基盤)できちゃう

かわいい子に会いたいって思いません?

だって、仮にネット上の評判で「本番することが出来ちゃう」って噂されている風俗嬢でも、

正直なところ、一度でも指名してみないと、本番出来るのかははっきりしていません。。。

そうなってくると、風俗で本番出来ちゃう風俗嬢を、探しあてるよりも、出会い系等を使った方が、「確実&安上がり」とぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

普通の女の子とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールをメインとして活用しているんですが、総額1〜2万円位で、その辺でお茶しているような「普通の女の子」とエッチ出来ちゃうんです。

先日はカワイイ系のネイリスト(19才)と会ってきたんですが、

軽く食事をしてからホテルに行き「ゴムなし」で朝までエッチ漬け。

かかったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗より良くないです?

プロの風俗嬢よりも、普通の女の子とのエッチする方が圧倒的に興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗よりも安い

ここ数年、出会い系を利用していて気づくのは「むちゃくちゃかわいい女の子が増えてきたなぁ〜」的な点。

不景気のせいで、

「風俗はいやだでも、おこづかいは欲しい」

って18〜23才位の女の子が驚くほど増えてきています。

援交っていうとイメージがよくありませんが、

食事おごってからエッチする
エッチして帰る時にタクシー代(=おこづかい)出す

って彼女にも似たようなことするわけで、いたって当たり前ですよね。

それなのに、出会い系を活用している人って、タダマンをあてにしてお金を渋る人が多いようですが、

初めはお金をかけた方がスムーズだと感じます。

何回か顔を合わして親密になって来れば、知らないうちに「タダマン→セフレ」となっていきますんでご安心を。

特に紳士的に

いままで、顔を合わしてきた、女の子に話をきいてみると、

出会い系にいる男性って「おこづかいを払うから生中で挿れさせろ」みたいに、会う前のメールなど=やり取りから、そういったような感じの人が多いみたいです。

というわけで、ぜひ紳士的に振る舞って、女の子を安心させてみると良いですよ。

そうすれば思っている以上に会えるんでw

「出会い系は会えない」ってネット上で書き込んでいる人って、初期経費を出し惜しみ過ぎです。

出費なくエッチできるようになるのは、最初の壁を乗り越えて、安心感を与えられる男性だけだと思っています。

また「写メ見せて」って男性も多いと聞きます。

当然見せてくれる女の子ならばいいですが、写メはNGって女の子たくさんいます。

そのような時は、なにはともあれ一回会ってみることをオススメします。

で、いまひとつ好みの女の子じゃなければ、きちんと断れば良いだけだし、

断りずらい場合、最初は「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰っちゃえば、なんの問題ないですよ。

当然ぼくはそのようにしてます。

▼▼▼